縮毛矯正がやめられない!くせ毛の悩みがいっきに解決

定期的に縮毛矯正でくせ毛と卒業しました!

肌がきれいと褒められるわたしのニキビケアとおすすめオイル

わたしのお肌の悩みは、たまにできるニキビです。ストレスや体の調子が良くないときに、気づけばニキビができてしまうことがあります。

コンシーラーで隠したことがありますが、おすすめしません。なんだか余計に悪くなり、治りがいつもよりも遅くなってしまった気がしました。

ニキビができている間は、その箇所はしばらくメイクは控え、皮膚科でもらった肌荒れやニキビに効くお薬を塗っています。数日間、ニキビをメイクで隠すことなくさらけ出すのは恥ずかしいのですが、その方が治りも早いです。、また、ニキビの跡もできないのでわたしのおすすめです。。

モイスポイントの最安値通販は?

お肌のケアでオススメなのは、クナイプのフェイスオイルです。薬局で500円ほどで購入できますし、香りもよく、お気に入りです。よく人から肌がきれいと褒められることもあるのですが、正直、クナイプのオイル意外何もあまりお手入れしていません。お風呂上りや、朝メイクのする前にそのオイルを目元に着けて軽くマッサージすると、手の滑りもよくなりますし、目元が少しぱっちりします。製品もオーガニックで動物実験などしていない自然なものなので、信頼しています。もし、フェイスオイルなどお探しでしたらぜひ参考にしてみてくださいね。

思春期ニキビ

ニキビには主に2つ種類があることをご存知でしょうか?まず1つ目、それは思春期ニキビそして2つ目、大人ニキビです。その中でも今回は思春期ニキビについての記事となります。

http://www.festivalcinemadarte.com/

筆者の体験談を混じえながら話さしていただくと私の思春期ニキビは蜂の巣か!とツッコミを入れたくなるほどのものでした。どれだけ洗顔してもどれだけスキンケアをしても治らない、治らない、治らないーーー!と毎日嘆いていましたがこれに共感して頂ける人も多数いるのではないでしょうか。

しかし、この過剰なまでのニキビに対しての憎悪がさらにニキビを激しくしていることを皆さんご存知でしょうか?わかりやすく旧石器時代の人とかを考えてみてください。(縄文時代でも可)彼ら、、スキンケアしてます??絶対してないですよね!

むしろ洗顔も怪しいくらいです笑 でも多分彼らも思春期ニキビ乗り越えてますよね?何もスキンケアせずに。そうなんです!私たちの肌への過保護がより一層思春期ニキビ達を増殖させているんです。

化粧水や乳液を塗る事にニキビ達は\(^o^)/←こんな感じで喜んでいるんです。だって乳液なんかは肌に栄養を与えているんですもん。肌を住処としているニキビ達にとっては布団がフカフカになったなー、ご飯が豪華になったなーくらいにしか思われてないんです。だ、か、ら、一旦スキンケアをやめてみることを私は推奨します。実際私も2週間ほど何もしないようにしたら以前よりも格段に肌が綺麗になってニキビも減りました!スキンケアなんて勇気がいる決断かもしれませんが、本当にニキビで悩んでいるのであれば是非やってみてはどうでしょうか。

ずっとくせ毛に悩んでます

生まれながらのくせ毛に何十年も悩んでます。くせ毛を活かせる髪型にしたり、縮毛矯正したり、ヘアアイロンしたり、できる限りのことはしてきました。

学生の頃は縮毛矯正で済んでましたが、カラーも併用すると髪の毛が傷んでボロボロになりました。髪がゴムのように伸びてツヤもなくなってしまったのです。これはヤバイと思い、縮毛矯正を止めて、毎朝手間ですがヘアアイロンでくせ毛直しをすることにしました。ところが、これも同様に傷みます。周囲のきれいなロングヘアの女性を見ると

とても羨ましい気持ちになりました。

年齢を重ねるうちに、ロングヘアへの憧れやこだわりもなくなり、出産を期にラクだからという理由でバッサリとショートヘアにしました。その辺の男の子よりも短いくらいのベリーショートです。これがアタリでした。予想通り乾かしたりセットするのに手間がかからず、気になっていたくせ毛がちょうどよく見えるのです。慌ただしい育児中はとても助かりました。子どもが少し手のかからなくなった頃、たまにふと伸ばしてみようと思うのですが、ボブっぽくなった辺りでギブアップ。あの中途半端な長さの大変さに耐えられないのです。

なので、それ以来、ずっとボーイッシュなショートカットでやってます。案外、似合うと言ってもらえるし、何しろラクだし、くせ毛に悩んでる方にはおすすめしたいです。

強い天然パーマの悩…

ブログのタイトル通り、私は天然パーマです。

周りからは、「髪巻かなくていいよね」「美容室代が浮くからいいね」と褒めてはくれるのですが…

私も、ストレートロングにしたい!かわいいショートヘアーにしたい!

昔の私は、髪が長く、髪の重さでそこまでパーマが目立たないのですが、毎回出かける前にストレートアイロンで整えたりしていました。

整えても、数時間後には、くせが戻っていたり、梅雨時期なんで、待ち合わせ場所についた時には、髪がボンバーは当たり前でした。

このような強い天然パーマだったので、きれいなストレートロングには程遠かったです。

何か方法はないのかと調べた所、1つ方法がありました。

それが縮毛矯正です。

調べる中で、ストレートパーマも出てきたのですが、ストレートパーマは美容室でかけたパーマを落とすという意味で、くせ毛や天然パーマにはほとんど意味がありません。

ここで、縮毛矯正をする上でのメリットとデメリットを教えします。

メリット

・どんなくせ毛でもストレートになる

・2度目は、維持期間が延びる

デメリット

・費用かかる

・施術時間が長い

等々、いくつかありますが、私は、とにかくきれいなストレートロングが欲しいという思いが強く、お金を貯めて美容室へ直行!

毎回、ストレートアイロンで伸ばしてた手間が無くなり、気分はルンルンです。

初めて、縮毛矯正をかけてから、2年後2回程縮毛矯正をかけた髪はかけた事の無い頃に比べると、縮毛をかけてなくとも多少のうねりですんでいました。

私は、思いました。次、美容室行く時に一度はくせ毛の人達も憧れる。ショートヘアにも挑戦してみようと思いました。戦に行く思いで美容室へGO!

まだ縮毛矯正の効果も残っていたようで、憧れのショートヘアになれました。

ここで注意です。縮毛をかけた直後にショートにすると、ぺっちゃんこな髪になるので少し縮毛矯正が落ちてきた程度がいいと思います。

夏は汗で髪が首にまとわりついて毎回結んでいたり、ドライヤーで乾かす時間が短くなったりと、毎回面倒だった事が無くなりました。

憧れのストレートヘアとショートヘアになれた私は、気持ちも髪もルンルン気分です!

髪で見た目も雰囲気も与える印象も変わる

女性は髪が命と言われてきていますが、本当にそうだと実感しています。若い頃から髪は多めで癖がありウネリは当たり前で広がりもあって、纏め髪をしていることがほとんどでした。

白髪も若いうちからパラパラとあったのですが、30代後半には白髪が分け目に大量に生えてきていて、見た目年齢も実年齢より老けて見えていました。

更に癖毛で雨の日はウネリ、ジリジリになる、広がるなど、一見すると清潔感にも問題が出そうな見た目で、とてもコンプレックスに感じました。

美容室では、トリートメントやヘッドスパはもちろん、カラーや縮毛矯正もやってきて、縮毛矯正を何度か行っているうちに、癖は少し弱まりました。

けど、湿気が多い日は気になりますし、なによりも白髪が増えてきているため、分け目も都度変えたり、纏め髪をするにもはばかるようになったため、思い切ってショートヘアにしました。

意外と、短いほうが纏まりも良かったりするのですが、生え際はカラーをしても2週間くらいで白く目立ってくるので、その対策に今悩みはあります。

美容室は1か月に1回いければ良いほうですし、自宅で市販の白髪染めをしてもよいですが、臭いや頭皮の痛みなど、あまり髪にもよくない気がしていますし、トリートメントタイプの白髪染めも、口コミもよいものがなく、どうしたものかと悩んではいます。

接客業である以上、髪で見た目が本当に変わるので、できれば歳を重ねても気遣いはしていきたいので、今も色々試したりしながら良い方法を探しています。

縮毛矯正がやめられません

 髪質が太く、部分的に癖が強いので縮毛矯正をかけています。カラーはしていなくて真黒な髪、ロングヘアです。

 施術したては髪はつるつるで手触りがよく、まるで別人の髪のようで、シャンプー後乾かしても手ぐしでも整い、本当に気に入っています。生まれた時からこの髪質だったような、そんな錯覚さえ覚えます。そして、うっかり忘れてしまう頃、あれ、何かがおかしい、クシを通してもまとまらない。

それは半年程経った頃、ああ、そうだった、もうそろそろ縮毛矯正をかけなきゃいけない時期だったー、と気づくのです。イメージすると、球体の地肌からウニウニウニと癖毛が生え、そこからストンとストレートなのです。毛先はまとまらず、面のようにつるつやの髪がこころなしか乱反射して、もっさりした印象になります。慌てて美容室を予約して施術してもらいます。これを繰り返しています。

 40台後半を迎え、つるつやストレートもいいけれど、パーマをかけてボリュームをだしふんわりとしたヘアも素敵だなと思うようになりました。真黒な髪も出来ることならブラウンを少し入れて立体的な印象を持たせたい。

 流行のヘアカタログを眺めながら、またいつもの縮毛矯正をかけております。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén