現在39歳でして、ほうれい線がとてもネックに思っています。ととのうみすとは販売店で市販されている?

会社や 大津ジムで飲み物を飲むときマスクをなるべく外さないようにして飲料を摂取いたします。 コロナのご時世のおかげで、マスクをして生活しているのでほうれい線や顔立ちの不細工が隠せることが、大変光栄なのですが、会食となるとほうれい線をさらけ出すのが悲しくなります。 きっと私の顔に幻滅をされたんではないかと自信をなくしてしまいます。 まさに私の法令線はブルドックそのものでございます。

しかしながら、悩んでいるだけでは始まりませんので、 ほうれい線を対策をググったりしています。

ここ最近始めたことは、 顔の筋肉を鍛えると言うことでしたのでこちらをトライしております。 そもそもは、私自身 バーベルやダンベルを使ったフリーウェイトの筋トレが大好きで、 週に6日行っている次第でございますので、顔の筋トレで防げると知り体の筋トレと同じように 変化できると信じて始めている 今日この頃でございます。

体もしっかり筋トレしないと肉が垂れてみっともないおばさんになるので、顔も筋トレしてキレキレの顔と体を目指して、できるだけきもいおばさんにならないように対策をし自己肯定感を高めていきたいです。