夏が過ぎ去り残暑が続く日々。このような日でも紫外線は強くちょっと油断をしたら日焼けをしてしまう。

nicoせっけん

一見すると日焼けは健康に問題なさそうに感じるが紫外線を大量に浴びすぎてしまうと紫外線に含まれているメラニンが肌を刺激してしまい皮膚がんなどの肌の病気を引き起こしてしまうだけではなくシミやアザなどのできものを誘発してしまう可能性がある。

しかし、大学への登校やバイトへ行くのに外出することは避けられないのでなんとしても対策は必要である。もちらん日焼け止めを塗ったり帽子を被ったりすることもできるが若干お金がかかってしまう。しかし、ネットで調べるうちに肌を日焼けから守るために食生活からでもできるということが判明した。

それはリコピンやビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを摂取することである。それを知ってからは私はトマト、緑黄色野菜、フルーツ、レバーや卵を食べるようにした。そうするようになってから直射日光を浴びても日焼けしにくくシミやアザができにくいように感じた。対策としてアイテムを購入することは効果が大きいが値段が高い。

お金に困っている人はまずは食生活から見直して肌にいい成分を摂取すべきである。そうすると楽しくスキンケアができるようになる。