50代後半の私にとって肌の悩みが無いわけはない。というか俗にいう肌の悩みは全部持っている。

シミ、しわ、たるみ、毛穴、くすみ、とオンパレードだ。あげればキリがないが、あえて一つ選ぶなら「たるみ」だ。

シワはたるみが引きあがれば多少伸びて目立たないし、毛穴も小さく見えるはず。たとえシミがあっても、二重あごでなければ、まだましに見えるものだ。

40代くらいまでなら、高価なデパコスの美容液とか美顔器とかで応急処置はできたが、悲しいかな最近はあまり効果を感じない。

全身の筋肉に力がなくなるのだから顔だって例外ではないのだ。

パーフェクトニードルはチクチクしない?私の口コミやネット上の評判などご紹介!

というわけで、たるみを持ち上げるには美容外科のお世話になるしかないと思っているのだが、費用や痛みを考えると

簡単に決心はつかない。世の中には痛みやダウンタイムが少ない施術もあるらしいが、簡単な分、効果はあまりないのだろう。

効果を望むなら、余分な肉を切って骨を削って縫い合わせて~みたいな一世一代のオペになるんだろうな。

それで満足できなかったらどうしよう、と思いとどまっている。美容外科に勤めていた看護婦さん曰く、

「一か所若くすると、逆にほかの場所とのギャップがでて変だよ」と言ってた。

なるほどバランスか。となるとやらないほうがいいかもと自分を納得させている。50代は50代の顔でいいじゃんてことかしらね。