すごしやすい季節の秋がやってきました。でも季節の変わり目でお肌のダメージ・トラブルを感じることが増えます。

今年は季節の変わり目のお肌のトラブルにプラスしてマスクによる肌荒れやダメージでいつもの季節より悩みがふえました。

新型コロナウィルスのために必ずマスクをして外出する生活になりました。

マスクをすることによって飛沫によるウィルス感染は抑えられますが肌トラブルで悩みがふえてしまいました。

私だけではなく、マスクによる肌荒れに悩んでいる人は多いです。

ビューティーオープナージェル

たとえばマスクによってお肌の乾燥、「カサカサ」になり、かゆみ・赤み、ヒリヒリ感がおきます。長時間、マスクをつけることによって擦れてしまうこともあります。

マスクの素材によってかゆみや耳にかけるゴムがあたり肌荒れ・かぶれをおこすこともあります。

マスクの内側は呼吸によって湿度・温度が高くなっていてあせもと同じような症状が現れることもあります。

だから私は、お肌にやさしいマスクをえらんでいます。お肌への刺激を考えて肌触り、通気性が良いオーガニックコットン・シルク混素材のものをつかっています。

ちなみにポリウレタン製のマスクもお肌に刺激が少ないし、マスク内の蒸れに気をつけながらつかうといいですよ。

もし、不織布のマスクをつかう場合はマスクの内側にマスクと同じ大きさのガーゼや柔らかい布などを入れるだけでも肌荒れを防止できますよ。

マスク生活の中でどんなマスクをえらぶかでお肌へのダメージが変わってきます。

お肌に負担をかけないようにうるおいを保つ保湿成分を配合したマスクをつかうと季節の変わり目の秋のお肌の状態も気になりません。