乾燥する時期に気になるのがフケではないでしょうか。どうしてフケが起こるのか、その原因と対策方法について簡単に紹介します。http://www.chouette-yakuin.com/
 原因は2つあり、1つ目がシャンプーのし過ぎや季節の変化、ストレスなどで体調が変化し、皮膚のバリア機能が低下することで皮膚の乾燥を招きます。乾燥が続くと角質層が剥がれやすくなり、フケが目立ってきます。これまで角質層で守られてきたカユミを感じる神経がむき出しになるとカユミを感じるようになります。

 2つ目が皮脂の出すぎです。夏の暑い時期や油分の多い食事をとりすぎた時は出やすくなります。頭皮の余分な皮脂をシャンプー時に落としきれてないと頭皮の皮脂を餌にしている菌が増えてきて新陳代謝のサイクルが崩れ、脂性のフケが出てきます。これを放置すると炎症を起こしカユミとなります。

対策は、いくつかありますが、身近なのがシャンプーの仕方でしょう。まずはシャンプーの前にシャンプーを着けずお湯だけで洗います。これだけでも8割の頭皮の汚れが落ちると言われます。ポイントは、洗う時に指の腹で地肌を揉み洗いいながら濡らすことです。そうすると、その後のシャンプーの泡立ちが良くなります。シャンプーをした後しっかり洗い流すことも重要です。コンディショナーやトリートメントなどのカスが残るとそれが原因でフケの原因になります。

以上です。シャンプーの仕方をきちんとすればフケやカユミが防げるのではないでしょうか。