職場での人間関係について、「面倒だ」「疲れた」と思う瞬間が誰しもあるのではないでしょうか。意地悪な上司や、生意気な部下が居るのなら尚更ですが、そうでない場合でも、起こりうる感情です。

例えば、ある仕事について、なんとなく「誰がこれをやる?」という雰囲気になった時。誰もやりたくなければ、押し付けたいの雰囲気が出ます。一定数の人が、「じゃあ私がやります」と手を挙げることで、その仕事が進むことになるでしょう。

退職代行 嫌がらせ

その回数が多い人は、自分ばかりが損していると考えてしまい、あの人はいつもやってくれない、この人は逃げてばっかりだ、などという評価になってしまうことがあります。
しかし、手を挙げない人にも言い分があります。「実力のない私が取り組んだら迷惑をかけるだろう」「子供のお迎えがあるので残業はできない」など、それぞれの考えがあります。
特にこのような場面は、ルールが整備されていない場合に起こります。もし、ルールが明確に整備されていれば、押し付け合わずにやるべき人が決まるのです。「同じ仕事は2回連続で割り当てない」「幼稚園以下の子供がいる人は取り組まない」などのルールがあれば、自ずと候補が除外され、その場での不公平感が減ります。そして、取り組む回数が多い人にはそれなりの評価システムが確立していることが理想です。
当事者同士がその場の雰囲気で決めるような場面は、必要以上にストレスを生み出し、人間関係の不安を引き起こしやすくなります。そのような時は、一定のルールを設けてストレスの要因を減らしていくことが効果的です。