定期的に縮毛矯正でくせ毛と卒業しました!

カテゴリー: 口臭

私的な口臭を減らす方法

自分でも思うのですが、私は口臭が少ないとだろうと自負しています。
普段人付き合いの少ない性格のために、他人と会話をすることが少ない、そのために口を開ける機会が少なく、口の中が乾きにくいために
口臭の原因にならないのだろうと考えています。

http://leseigneurdesrobots.com/

若いころは歯磨きをするのがおっくうで、食事の後タバコを吸っては寝る前にも歯を磨かず、口を閉じたままにして過ごしていた私の口臭はとんでもない物がありました。

そのことが原因で虫歯を悪化させ(右手でタバコを吸うために、右の歯ばかり虫歯になりました)、歯科医師にも呆れられるほどだったので、
「これではいけない」と思い、タバコを止め、歯磨きを怠らないようにしたら、ウソのように口臭も少なくなりました。

普段、口呼吸をする方は、それも良くないでしょう。口呼吸をすることで、口の中が乾き口臭の原因になるし、顔の筋肉が弱くなり、
全身の筋肉の衰えにつながるのではないでしょうか?口周りの筋肉のトレーニングとして、「わ」と「お」の口の形を繰り返すといいでしょう。

私的な口臭を減らす方法として、コーヒーを飲むことです。私は一日にブラックのコーヒーを2~3杯飲むのですが、
それを飲むことで口の中を洗う効果になるし、何かのサイト等で見たことがある方もいると思いますが、コーヒーの淹れカスに消臭の効果があるように
コーヒーそのものが消臭の効果を持つのでとても効果的と言えるのではないでしょうか。

気を付けてほしいのが、コーヒーはブラックで飲むことです。砂糖が虫歯の原因になるし他の体への悪影響になるからです。
コーヒーが苦手なら水でうがいや飲むことでも口臭は少なくなるでしょう。
口呼吸をしないこと、ブラックのコーヒーを飲む、この二つが私の口臭対策ですね。

「なた豆茶」で口臭ケアしましょう

口臭予防の方にピッタリなお茶があるのです。それは「なた豆茶」です。キラハクレンズの最安値通販

なた豆とはマメ科ナタマメ属の一年草で、鞘の長さは40cm以上にもなる大きな豆で有名な物語「ジャックと豆の木」のモデルになったマメ科の植物です。鞘の形が刀(ナタ)の形をしていることから「なた豆」と呼ばれています。

なた豆茶に含まれる成分には膿を体外へ出そうとする効果や、炎症を抑えるという効果があるそうで、昔から「膿とり豆」と呼ばれ薬として使用されていたそうです。

このような効果があることから、花粉症なので鼻にトラブルがある方や蓄膿症・副鼻腔炎の症状がある方はこの「なた豆」を日常飲む習慣を持っている人が少なくいるようです。

実は、私も副鼻腔炎に悩んでいてこのお茶を飲むことを半年前から飲み始めてみたのですが、鼻の改善はよくわからないのですが、予想外のところでかなりの口臭ケアになっていることに気づいた次第です。「なた豆茶」を飲むと、その香りもすっきりとして口の中がさっぱりさわやかな気持ちになるのですが、前から気になっていた「自分の口が臭い」と思うことが本当に減ったのを実感しています(昨今常時マスクを着けて生活していることから、これは間違いのない実感です)。

後から知ったのですが歯茎の腫れやアレルギー症状を和らげたりする効果があります。

歯磨き粉に「なた豆」の成分を入れた商品もあるそうですよ。その効果は確かなようですよね。

ふつうのお茶としても十分においしく習慣化できること間違いない「なた豆茶」、口臭で悩んでいる人にはぜひ一度試していただくことをお勧めいたします。

口の中の臭いを少しでも確認する

口の中の臭いはなかなか自分でチェックするということは難しいでしょう。http://www.safran-de-lectoure.com/

やり方はいくつもありますが 唾液でチェックする、ということもよいでしょう。自分の唾液をどこかにつけてそれを実際に鼻で嗅いで見るみたいなことも良いですし、息から判断することもよいでしょう。それこそビニール袋に息を入れて、それをチェックするということでも結構有効的でもあるといえるでしょう。そうすることで口の中の匂いがわかりやすくなっていますから、まったくわからない、ということはないでしょう。口臭チェッカーでチェックということもよいでしょう。

最近ではかなりこうしたグッズが売っていますから、それを試してみるというのもよいでしょう。口の中はなかなか自分ではわからないということが多いわけですから、処理、対処というのは決しておろそかにしないようにしましょう。それこそ毎日やるという事の方が良いくらいです。そうすることによって、人に不快な思いをさせずに済みますし自分の評価を下げるということもないわけですからお勧め出来ることになります。特にビジネスマンなんかは本当に注意したほうがよいでしょう。もちろん、異性と会うときなどにも配慮することです。

口臭の原因と解決策・予防策

【口臭の原因】

そもそもなぜ口臭が発生するのか、まずは口臭の原因ついて書いていきたいと思います。

①食べ過ぎ、飲みすぎによる内蔵機能・肝機能の低下

内臓・肝機能は誰しも一度に消化できる量が決まっています。食べ過ぎ、飲みすぎによって臓器のキャパを超えた物は体内にとどまります。この体内に残っている物が臭いの元となっているのです。前日に食べたごご飯が体の中にずっと残っていたら異臭を放ってもおかしくないですよね。

キラハクレンズは販売店での市販なし…!私の口コミと効果を暴露

②口の中の汚れや乾燥

食後の歯磨きを怠ったりしていると、口の中はどんどん汚れ細菌だらけとなっていきます。細菌が繁殖すると、虫歯や乾燥の原因となり口臭へとつながります。

1・2どちらか一方でも口臭は発生しますが、両方となると強烈な臭いを発生しているかもしれません。

【解決策・予防策】

①食べ過ぎ、飲みすぎに注意する

まずはキャパオーバーによる内蔵機能や肝機能低下を起こさないことが重要です。腹八分目を意識しましょう。

②日常的に歯磨きを欠かさない

口内ケアはとても重要です。可能な限り、食後は歯磨きを欠かさないようにしましょう。

③食べるときはよく噛むことを意識する

よく?むことで唾液が発生します。唾液は口内の乾燥を防ぎます。

上記3点を行い口臭を予防し清潔に過ごしましょう。

気になるあの人の口臭…あなたは大丈夫?

最近はコロナウイルスの影響でマスク着用が必須になりましたね。しかし、だからと言って油断してませんか?マスクを付けているので今までよりは気にしなくなるかもしれませんが実はそれ、落とし穴なんです。普段はマスクを付けていても、食事の時や水分補給の時はマスクを外しますよね?

ブレスマイルウォッシュの効果を辛口評価!最安値で購入可能な通販サイトは?

その時に油断をして普段のケアをサボっていると口臭がします。周囲の人に「あれ?今までは気にならなかったけどあの人もしかして臭い?」なんて思われてしまいます。また、マスクを外していなくてもにおいが強い人マスクからでもにおいます。しかし、当の本人はにおっているなんて気付いていないしまさかそれが自分だとは思わないのです。私の知り合いにも口臭が気になる人がいます。あなたの周りにも口臭が気になる人、居ませんか?人の振り見て我が振り直せということわざがありますが、自分も他人事と思えませんよね。そこで口臭ケアについてこれをしとけば間違いないというのをお伝えします。

まずは食後は歯を磨くことです。え?そんな簡単なこと?と思うかもしれませんが、口臭が気になる人はこれができていなかったりします。朝時間がなくて、とか昼食後そのまま仕事に戻るなんかはNGです。朝は言うまでもなく、時間に余裕を持って歯をきちんと磨いてから通学・通勤しましょう。そして接客業をしている方は特に気をつけていると思いますが、ランチ後も歯磨きは必要です。人と会話する際に昼食で食べたご飯のカスが歯に挟まっているらや歯にのりがついているなんて恥ずかしいですよね。今はマスクをしていますが、マスクをするまでは普通に話していたと思うので口も見られますし見えなくても昼食を食べたらにおいがします。ランチ後は必ず歯を磨きましょう。

それからおすすめは歯磨きの後にフロスを使うことです。歯ブラシでは取りきれない歯間の汚れが取れます。意外にやってない方が多く、フロスをするといかに歯ブラシだけでは汚れが取れていないのかが分かります。歯間に詰まった汚れは臭い玉とも呼ばれたりするくらい口臭の原因になりますし、しっかり汚れを取れば虫歯予防できます。

口臭は周囲を不快にさせたり、自分の印象を下げてしまったりするので、他にも挙げればありますが特に上記の2点を意識して行いましょう。

口臭の真実!口臭の原因は口の中の”アレ”だった?

口臭が気になる人、そうでもない人の違いは、口腔環境の違いです。口の中の環境は生まれつきではなくて、幼児から成長過程で、他の人から雑菌が感染して、それによる口腔環境の変化によるものなのです。その感染原因菌は、ストレプトコッカス・ミュータンスと呼ばれ、俗に「虫歯菌」と言われている細菌です。

http://les-trophees-sirh.com/

食べ物の中から糖分を見つけて分解し、その際に強い酸性の物質をだすために、歯の成分、エナメル質を溶かし、虫歯になる一番の原因です。この食べ物を分解して残った残留物が、「歯垢」という、ネバネバした物質で、歯の裏、歯茎と歯の根元付近に付着します。この付着物「歯垢」は、歯磨きで取り残しがあると腐敗して更に独特の悪臭を放ちます。ニオイは”なにかが腐ったような感じ”といった具合に、かなり強烈なもので、特に奥歯の歯の裏に多く付着します。

この細菌は嫌気性で、空気を嫌う性質があるので、前歯よりも奥の歯に多く存在しています。この歯垢は歯磨きで除去できるのですが、歯ブラシ、歯磨き粉の口部分等に付着しやすいのと、家族の中にそもそも虫歯菌を持ってる人がいると、歯磨きしても再度、感染してしまいます。また非常にネバネバして水では落とせないので、この場合の口臭予防は「家族で共有しない」ことが第一に重要です。コップ、歯磨き粉等も別々にします。第二に「歯磨きは弱い力で出来るだけ長くやること」です。強い力でゴシゴシ磨く必要はまったくありません。むしろ歯茎の炎症に繋がります。軽い力で歯磨き粉の洗浄成分を出来るだけ長く浸すような感覚が重要です。

つまり、歯磨きは”よく泡立てるように使う”のがポイントです。こうして泡で歯垢を浮かせて、水で一緒に細菌を流して捨てるのが本来の「歯磨き」です。歯磨きのタイミングは食事後すぐではありません。食べてすぐは唾液等口腔環境は細菌が活動するのに都合が悪く、食後30分以上で細菌は動き出します。また酸化しやすい食べ物もあまり多く食べると細菌を喜ばせます。古い油で揚げたコロッケやトンカツなどがあります。

また、食事のときに、家族で箸をつける大皿料理も、口から食べ物へ細菌が移動しやすく、食事は家族それぞれで小皿に別の箸で取り分けるなど工夫が必要です。口臭の要因の8割は”口の中”ですので、以上のような工夫を続けていくことで、口腔環境はやがて正常に戻っていきます。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén